お金を借りる前の注意点


お金を借りる前に

お金の借りすぎに注意しましょう
契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

最近では、カードローンやキャッシングなどが一般的となっていることもあり、気軽にお金を借りることができる時代となっています。 ですが、利用するサービスの内容などを知らないままお金を借りてしまうと、後々トラブルなどを起こしてしまいかねません。 お金を借りる前の注意点をしっかりと確認していただき、スムーズに利用しましょう。

お金を借りる前に確認

本当に借入が必要ですか?
契約条件や契約内容をしっかりチェックしましたか?
返済計画を立てていますか?
あらかじめ利用限度額を決めていますか?

公式サイトの『よくある質問』をチェック!

申し込み前の質問、審査中の質問、審査が通ったあとの利用中の質問など、各カードローン会社の公式サイトでは『よくある質問』のコーナーが用意されています。 この『よくある質問』には、いざサービスを利用する際に疑問に思う点や、あらかじめ知っておいたら助かる点など、さまざまな項目があるので、カードローン契約をする前やお金を借りる前にチェックしておくと良いでしょう。

カードローンなら返済自由

カードローンを利用すると返済日が設けられますが、多くのカードローン会社では、一部追加返済や全額一括返済が可能です。 利息は日割計算となりますので、余裕ができたらどんどん返済していくことで、利息や借入残高もどんどん減らしていくことができます。 「お金を借りたら返済日までは借りっぱなし」ではなく、臨機応変に返済をしていき、借入日数を短期にすることで、上手にカードローンを利用できることを知っておくとムダがありません。

お金を借りたあとも引き続き確認

いざお金を借りてしまうと、つい気が緩んでしまいがちです。 うっかり返済日を忘れてしまったり、追加追加でお金を借りすぎてしまったり...そうしたうっかりをなくすためにも、お金を借りたあとも引き続きチェックしましょう。

お金を借りたあとも確認

支払い日を把握していますか?
借入している金額を把握していますか?
利用金額の確認をしていますか?

もしもサービスを利用して困ったことがあったら

お金を借りたあとに何かお困りのことがありましたら、おひとりで悩まずに、ご家族やご友人など身近な方に相談しましょう。 また、身内にはなかなか相談しにくい...といった場合でも、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会など、金融トラブルに対応している各機関に気軽に相談することもできます。 これらの機関では、ホームページにて過去の事例(トラブルに対する質問と回答)を確認できるのはもちろんのこと、相談なども受け付けています。

お金を借りる前の注意点エントリー一覧