契約社員がお金を借りるには|形態ごと

契約社員が上手にキャッシングを利用するコツ

お金を借りるにあたって行われるキャッシングの審査において、重要視されるのは安定性です。 それを聞いて、「自分は正社員ではなく契約社員だから、雇用形態の面で安定性に欠けると判断されてしまうの?」 と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。 しかし、その心配は全くの杞憂です。 働き方が多様化している現代の社会においては、たとえ雇用形態が正社員ではなかったとしても、それだけで安定性に欠けると判断されることはありません。 あくまで収入さえ安定していることを証明できればいいので、前年や直近数か月に一定以上の収入を得ていることが証明できる書類があり、職場での在籍確認さえ取れるのであれば、契約社員でも審査に通過できる場合が多いのです。 ただ、契約で一時的に勤務しているだけの職場に、在籍確認の電話をかけて来られるのは困ってしまうという方も多いのではないでしょうか。 その場合は、確実にその職場に勤務していることを証明できる書類などを提出することができれば在籍確認の電話は免除してくれるようなキャッシング会社も少数ですが存在しているので、そうした会社での借り入れを検討してみると良いでしょう。 ちなみに、契約社員の方の中には正社員の方に比べて、著しく月々の給料が少なく設定されている方もいらっしゃるでしょう。 そういった方は、キャッシング会社に年収額を申告する際に、単純に月収を12か月分足し合わせた額だけを申告してしまうと、借り入れ可能な収入基準に満たなかったり、基準をクリアしてはいるけれど借り入れ可能な枠がとても小さく設定されてしまったりしがちです。 もしも月収とは別にボーナスを受け取れている場合は、そのボーナスも含めて年収額を申告して良いことになっています。 なので、無事満足のいく金額のお金を借りることができる確率を上げるためにも、ぜひボーナス込みの年収額を申告するようにしてみてください。

お金を借りる【2大条件】

低金利重視 スピード重視