パートがお金を借りるには|形態ごと

パートやアルバイトがお金を借りる方法

消費者金融は会社員など正社員のものと思われがちです。
もともとサラリーマン金融などと言われた時代もありましたので、そのような印象が定着ているためです。
でも実際には消費者金融は進化していてサラリーマン、正社員だけでなく準正社員、派遣社員などでも借り入れをすることができるのです。
もちろんパートやアルバイトでもお金を借りることが可能です。
毎月安定した収入があることが貸し付けをするための審査で問われますので、それを証明するものがあれば借り入れは可能です。
ただしバイトの中には短期限定のもの、単発バイトと呼ばれるものがあります。
こうした単発のバイトはいくら割が良くても長期で安定した収入を得ることができませんから借り入れができないと言えるでしょう。
あくまでも長期にわたっての安定した収入が貸し付けのための条件となるのです。
借り入れができる金額の条件は年収の1/3までという決まりがありますので、収入に応じて限度額が変わってきます。
年間の収入が低いバイトの場合は必然的に借り入れ限度額も低くなってしまいますが、それでもやはり借り入れできるところがある分有利と言えるでしょう。
借り入れできる消費者金融を探す時には、「パート・アルバイト貸付可能」という条件を書いてあるところを見つけるのがスムーズに借り入れできるポイントです。
同じ消費者金融でも審査の基準は違いますし、バイトでも借りられる実績があるところがありますので口コミなどもチェックして申し込むのが良いでしょう。

お金を借りる【2大条件】

低金利重視 スピード重視