固定金利や変動金利とは

固定金利と変動金利は住宅ローンの永遠のテーマ

ローンを組む場合には、金利が発生するのが当たり前です。
住宅のローンのように大きなローンでは、金利システムを利用者が選択することができます。
金利システムの種類は二つあります。
それが、固定金利と変動金利です。
どちらのシステムが良いとは、一概には言えません。
利用者の家庭状況や資産状況に影響をうけるので、納得した上での選択がいいでしょう。
固定金利の最大のメリットは、毎月の返済額が一定であることです。
変動型のように、金利の上下によって、返済額が左右されません。
そのため、毎月の支出の算出がしやすく、金利の幅を気にしなくて済みます。
将来的に金利がどのように上下をするかは、誰にもわかりません。
ある程度の予測はできますが、それでも資金繰りに不安がある人は固定を選ぶといいでしょう。
逆にデメリットは、金利の変動の恩恵を受けないことです。
これは、メリットでもあげたことに重なるのでどちらともいえないのが現状です。
変動金利を選ぶメリットは、金利が固定よりも低めに設定されていることです。
さらに、金利が下がっていけばその分の利息が減っていきます。
毎月の返済額が変動するので計画を立てにくいことはデメリットとなるでしょう。

どちらが良いとはいえませんが状況によって判断しましょう。
また、一度借りた場合でも借り換えすることができるので、有効活用しましょう。
固定の場合は、その金利をずっと変動が上回らなかったら、利息の負担が大きいといえます。

 

お金を借りる【2大条件】

低金利重視 スピード重視